動物の世話で心がけるべきこと

ペットショップや動物病院や動物園など、動物の世話を業務内容に含むアルバイトは多いものである。
当然ながら人間と同じで尊い生命を持っており、その健康を保ち、動物たちが健やかに生活できるように世話をするという使命を忘れてはいけない。人間ではないからといって生命を軽視するような人間はそのような場所で働くのにはふさわしくないといえる。ではどんな心がけを持つ人間がこの仕事に相応しいのだろうか。

まずは自己管理がしっかりできていて、決められた事をちゃんとできることである。犬や猫やウサギなどは人間とは違うので、それぞれが異なった生態を持ち、ほとんどの生き物が人間より外的な環境面の影響を受けやすいため、病気にも配慮をする必要がある。動物の健康を守るために、清潔な格好や職場から指示されたような服装をできることが最低限必要といえる。自分が体調の悪い時は素直に休み、他の生き物たちに影響を与えないようにしなければいけないだろう。

また、髪型やファッションアイテム、爪の長さなども自分の個性だからと変えようとせず、生き物たちに危害を与えるような格好で勤務に臨む人間もふさわしくない。生き物たちのことを第一に考えて、弱いものを守るという考えのもとに飼育ができることが重要である。そして生命を大切にし、重大な責任が自分の身にのしかかっていることを自覚して仕事に臨む心構えが必要になる。生き物の健康に対する知識を積極的に積み、自分で自分の能力を高めていく心構えも必要とされるだろう。