ペットショップバイトの現状とあるある

ペットショップでは販売だけではなく、動物の世話をすることが多く、非常に多くの人から注目されている。
もちろんに人気のあるバイト先の一つであり、常に人手が足りているのが現状なのだ。だが、問題も行くか存在している。それは、給料に関してである。

ペットショップでは、動物の体調管理や餌をやるといった基本的なことに加え、ペットを売らなければならないために営業をすることがある。また、コミュニケーションも取らなければならないし、お客が満足いくようなペットを提供するという義務がある。これだけでも業務が多いと感じることがあるのだが、それでも時給は低い方だ。本当に低い場所であると、最低賃金スレスレで雇われることも多い。

しかしそれでも、動物が好きで働いているという人には特に問題はなく、給料に関係なく楽しんで働くことが出来るというのが現状だ。ペットショップのあるあるとしては、ペットを世話している時に愛着が沸いてしまうということが挙げられる。どのペットに関しても、赤ちゃんの段階から仕入れることがあるのだが、その赤ちゃんの段階で仕入れると、どうしても情が沸いてしまうことがある。自分のペットのように大事に育てることもあるため、購入されてしまったら寂しい気持ちになることがあるのだ。

仕方のないことだと分かってはいるのだが、確かに自分が愛情を注いで育ててきたペットが買われていくと少し心痛くなる。だが、これもペットショップで働く上である種醍醐味の一つでもあるのだ。愛情を注いだおかげで人懐っこい可愛いペットに育ち、その可愛さが購入に繋がるのだ。人懐っこい可愛いペットを育て上げるという技を磨くと、いつか自分がペットを購入した際にも役立つだろう。